先般、東京支部会員の大塚進氏(38工化、筆名:大塚遊球子)が、読売俳壇(全国版)にて現代俳句界を代表する俳人”宇多喜代子女史”(現代俳句協会特別顧問、紫綬褒章受章者)の選に適い、2月1日付読売新聞に発表されました。
 その内容は以下の「宇多2016.2.1」の通りです。 大塚進氏は読売新聞神奈川版の「よみうり文芸」の俳句部門ではここ数年間 何度も入選(秀逸及び佳作)されている常連の受賞者ですが、今回は読売俳壇 全国版での受賞と云う”快挙”です。この際、同氏の「よみうり文芸」での”秀逸”入選作2句も併せてご紹介します。
 同窓生には今後共同紙神奈川版の「よみうり文芸」欄「俳句の部」にご注目下さい。
 尚、多賀工業会の同窓生としては、昨年、東京支部の小林渡氏(38電気)の「第14回全日本モノクロ写真展」での“朝日新聞社賞”に続く全国区での受賞で、同窓生として喜ばしい限りです。今後共、我が同窓生の活躍に期待すると同時に、お互いの趣味の分野で一層交流を深め、同窓会活動の活性化を図りましょう!
 以上、我がクラスメートの快挙をご報告します。